仮想通貨用語辞典Virtual currency terms lexicon

仮想通貨(暗号通貨)とは?

2017/12/05 火曜日

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネット上で使用できる新時代の通貨と私は考えます。日本では仮想通貨と呼ばれますが、海外では暗号通貨(Crypto currency)と呼ばれる事が多いようです。仮想通貨の代表的なコインがビットコイン(Bitcoin:BTC)で時価総額は約192,774,300,000ドル(2017.12.5現在 日本円で約21兆5千億円)です。インターネットが全世界のコミュニケーションをボーダレスにした革命だと考えると、仮想通貨は全世界の通貨(信用・秩序)をボーダレスにする革命だと私は考えています。インターネットが世の中に登場して、さまざまな分野の仕事がなくなりました。国際電話サービスはSkypeやLineの誕生により無料通話が可能になり利用されなくなりました。また、Amazonや楽天市場などネット上で何でも購入可能となり、三越や伊勢丹などの百貨店は経営難に陥り、統廃合をするようになりました。ネット証券やネット保険の誕生で、手数料や掛金の削減も起きました。仮想通貨が起こす革命はそのインターネット革命以上の衝撃を世界に与えるものだと私は考えます。仮想通貨が世の中に広まる事で、なくなる仕事は何があるでしょうか?銀行の送金、クレジットカード、外貨両替所、ブックメーカーなど想像しただけでたくさんの仕事がなくなる可能性があります。仮想通貨を学ぶことは、これから数年後の経済を考える上で非常に重要です。

 

【この用語の次に読む おすすめの用語】
➡ ブロックチェーン(Blockchain)とは?

 

※当サイトに掲載している情報は、読者様の便宜のために提供しているものであり、その内容の正確性については一切責任を負いかねますのでご了承ください。